17-発達障害は理解ない?ならば理解されなくていい環境を構築しよう!

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

発達障害の悩みの一つに「どうやって頑張ってもついて行けないことを理解されない」という苦しみがあって

「仕事の出来なさ+周囲の理解が得られない」という、2重の悩みを抱えている人が多いんじゃないかなって思います

実際に僕も社畜をやっていた時には、どういう風に頑張っても物忘れや細かいミスが多くて仕事が出来ず、更にそれを周囲に打ち明けても「使い物にならないのならいらない」と理解を得られませんでした

挙句の果てに親に相談した時にも「ただの怠け者だ」「やる気がないだけだ」と言われたので、この苦しみが分かるのは、当事者か専門医か、同じ症状を持っている人だけだろうなと思います

仮に理解が得られたとしても、真に理解されているとは言いづらく、そのうち絶対に一般の人からは不平不満が炸裂してくるでしょう

だから発達障害を持つ者が普通に社畜をやるのって(仕事内容もそうなんですが)、集団で和を乱す事を極端に嫌う人たちの集団の中では、どうしても排除されてしまいがちで、そういう意味で凄く難易度が高いと、実際に社畜をやっていて感じました

今回はそんな周囲に理解を求めるよりも、いっその事、周囲の理解が得られないのであれば、得られる必要が無い環境を作るために独立すべきというお話をします

 

一般人と発達障害者は別の生き物だと思ったほうが良い

これは自身の経験から感じたことですが

・一般人からすれば出来て当然の事が出来ないのが分からない
 
・発達障害者には出来る難易度の高いことが、一般人にできないことが分からない

と、両者にはどうしても出来る・出来ないことがあるのですが、これが理解されにくい

私はブログを毎日苦痛なく書いていますが、他人が継続するのが難しいというのは理屈は分かっても、理解しているかというのは正直疑問です……

けれども相手側からすれば、発達障害者が社畜でしんどい思いをしているのは理解が出来ないし、当事者でもない限りは、この感覚を伝えることはまず無理でしょう

これは本当に仕方のないことなのですが、生物として種族が違うものと見れば納得しやすい

例えば、魚だって水中で行きていける仕組みは理解できても、その感覚を人は理解できないだろうし、陸上で強い生物だって、どうやって力を入れてるとかは、人である私達には一生わからないことでしょう

 

別に一般人に理解されなくても金は稼げる

この発達障害の辛さというのは、一般人には中々理解されないことですが、実は理解をされなくてもお金を稼ぐ方法はいくらでもあります

私はブログと株の売買で収入を得ていますが、これらは特に人と関わる必要もなく、全部が自分との戦い

むしろこれら2つは、人との交流は極力抑えて、他人の考えに流されないようにしていく必要がありますので、むしろ一人でやっている方が何かと便利

同時に今書いてるウェブライターも引き受けていますが、ありがたいことに私のムラのある特性を伝えた上で、それでもと依頼して頂けたので、わざわざ理解してもらおうと思わなくても、理解してくれる人は何処かに絶対居ると思っています

フリーでのブログも株もウェブライターも、世間から見ると理解はされにくい方法でしょうけど、それでも犯罪ではなく、真っ当な方法で得てるお金なので、何も後ろめたいことはありません

社畜で生き辛い思いを経験した僕ですが、今のような生活は他人から理解されなくても、自分が納得して精一杯やれば、お金を稼ぐことは簡単とは言いませんが、出来ないことでは無い

だからそう考えると、他人から理解を得られないことって、恐れる必要が無いんです

個人で動いていれば、理解してくれる人が向こうから来てくれます

 

終わりに
社畜という一般人の群れの中で、息苦しさを感じながら生きる必要は無い

社畜というのは、一般人にとって生きやすい環境に作られているので、発達障害者が息苦しさを感じるのは当然の事

例えは極端ですが、猛獣の群れに放り込まれるようなモノなので、そんな状態でまともに仕事が出来るとは思えないでしょう

そもそも「生物」として違うので、そんな中に居れば襲われるか追い出されるかするのは当然です

それならば、社畜という獣を見る為に、一枚の壁を張って眺めるスペースを構築するのも、いいんじゃないかなって思います

獣の中で危険な仕事をするのではなく、獣を飼う為に安全なところから経営するという考え方になれば、恐れる必要は全く無い

もしくは、そういう獣を統率するのではなく、全く関係のない所で関わらずに済むような働き方だって出来ます

だから、発達障害を持つ人が、社畜で息苦しく感じるというのは当然なのです

また、周りにいる人たちは、社畜という別の生き物です

彼らに僕らのの心情なんて、理解出来るはずも無い

もし社畜でやっていけないことで悩んでいるとしたら、悩む必要はありません

それは「人」が「畜生」になれないと悩むくらいのことなのですから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16-起業と社畜の適性は全くの別物!発達「障害」扱いなら個人で稼ごう!

マイクロ起業の始め方1 需要を拾おう

関連記事

  1. Hello world!

    WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !…

  2. サンプル投稿

    サンプルテキストが入ります。サンプルテキストが入ります。サンプルテキストが入ります。サンプルテキスト…

公式SNSアカウント

Column

ADHDの生き方を知るブログ
<アツシさんのケース>

ADHDの生き方を知るブログ
<借金玉さんのケース>

借金玉さんプロフィール

PAGE TOP