12-発達障害の仕事は安定しない!ムラがあるから独立して時間を選ぶべき!

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

発達障害の当事者なら分かると思うんですが、発達障害の特徴として、時間帯や日によって出来る仕事が安定しないというのがあります

一般の人は「常に同じくらいの能力」でいつでも仕事がこなせるのですが、発達障害者は「出来る日と出来ない日」どころか、これが時間単位で変動します

僕自身もそうだったのですが、調子のいい時はすごく仕事が出来るんですが、出来ない時は本当に普通の人の1割にも満たないことがあります

多分、とってもながーい目で見れば「同じくらいの仕事をこなしている」とは思うのですが、どうしても社会に出て被雇用者として働いていると、仕事の出来ない時間が目立ってしまうので、仕事が出来ない人扱いされやすい

今回は、そんな発達障害の特性から独立したほうが仕事をこなせるよ!という事を記事にしようかと

 

発達障害者の活動できる時間帯はいつ起こるか分からない

一般的な社畜の活動時間は、おおよそ8~17時くらいで、多少フレックスなどが整っている時間でも、基本はだいたいこんな時間でしょう

普通の人は常に一定して仕事が出来るのですが、発達障害者の場合は下手すればこの時間帯では調子の悪い時間帯に当たることもあります

そして上にも書きましたが、仕事が出来ない時は本当に全然出来ないので、勤務時間中だとその仕事が出来ない時間帯ってのがよく目立つんですよ

日本社会ってのは、加算方式では無く減点方式なので、そういう点も発達障害者と相性がものすごく悪い

僕の場合、定時前にすごく頭が冴えていたり、勤務が終わってから回るようになったりするってこともしょっちゅうありました

しかし、定時時間外で仕事をするというのはお給料になりませんし、過労により頭の回転が人一倍遅くなる発達障害者にとっては、これも難しい所

更に「定時」とは、自分の体調がどんなに悪くても「会社には在籍していないといけない時間」であるため、その分を休むなんて事は社畜では無理でしょう

単に「休みを取ること」になりますので、これにも限界がありますよね

 

独立をすれば自分で自由な時間に仕事が出来る

ところが、独立をしたことで「自分で労働時間を選択できるようになった」というのは非常に大きい変化でした

社畜の定時である時間に、調子が悪いのなら無理してすること無く休めばいいし、朝でも夕方でも出来る時にやってしまえばいい

僕の場合、よく夜の11時から翌日の2時にかけて、頭が回り出す時間があったりするのですが、社畜をやってたらこんな時間には働けませんよね

しかも、ピークタイムをすぎると一気に眠気が襲ってくるので、夜勤の仕事だと朝まで起きて仕事をこなす必要があるのですが、一人で(独立で)やっていれば、仮にそのまますぐに寝てしまっても、回復するまで待てるのです

 

更に効率のいい時間だけ抜き出せば時間帯効率は最高になる

僕は、本当に調子のいい時間に働けば、3時間もあれば普通の人の16時間分の仕事量をこなせるという自信があります

しかし、逆に残りの調子の悪い21時間の間なら、他の人の8時間どころか、4時間にも及ばない程度の仕事量しかこなせないでしょう

それくらい、発達障害というのは出来る時間帯にムラがあるので、独立して本当に調子のいいときだけ仕事をすれば、時間帯あたりの仕事の効率はグーンと上がります(過去最高を更新し続けることもできそうです)

上記の僕の例では、一ヶ月(8時間×21日)に168時間も仕事に回さないといけないのを、たった31時間の時間でこなす事が出来るという計算です

そして、他の時間はやればやるだけ無駄なので、一切やらないことを選択して休めば、更に効率が上がるんですよ

こういう働き方が選択出来るのも、独立の強みなんですよね

 

終わりに
自分の好きなようにコントロールして最大成果でお金を稼ごう!

という訳で、今回は「発達障害が仕事をこなせる時間帯と独立について」でした

社畜をやってた時は、仕事のこなせる量や質を調節するのが出来なくて、本当に苦痛でした

しかし、独立すれば自分では無く環境の方を調節出来るので、自分に無理を強いること無く、効率の良い働き方を選択できます

しかも、常人よりもよく働ける時間が存在するというのは、その良い時だけを選択して働くことで労働時間を短縮することも出来ます

更に、調子いい時だけ働くってのは、気分的にもすごく楽しいことなんです

仕事を楽しみながら労働時間も圧縮出来るって、最高なことじゃないかなと、僕は思いますね

そして余った時間は、休息や自分の楽しみに回せば余計な負荷が減るので、更にいい方向に進むことでしょう

仕事をやって、しっかりと休憩を取って、ストレスがない環境で金を稼ぐのが一番だと思います

他人の都合に合わせ、最低効率で働いていた社畜よりも、自分の都合で調節して最高効率が出せるように、独立してお金稼ぎすることを目指してみるのも良いんじゃないかなと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11-就活で発達障害が分かったら?無理に就職という選択はしなくていい

借金玉さん プロフィール

関連記事

  1. サンプル投稿

    サンプルテキストが入ります。サンプルテキストが入ります。サンプルテキストが入ります。サンプルテキスト…

  2. Hello world!

    WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !…

公式SNSアカウント

Column

ADHDの生き方を知るブログ
<アツシさんのケース>

ADHDの生き方を知るブログ
<借金玉さんのケース>

借金玉さんプロフィール

PAGE TOP